格安航空券の搭乗手続きはどうなっているのか

空と水平線

格安航空券の搭乗手続きはどうなっているのか

飛行機に慣れている人は搭乗手続きにも不安は感じないでしょう。また何が必要かもわかっていたり、場所もわかるのでスムーズにいくでしょう。
しかし、慣れていない人や特に格安航空券で始めて利用する格安航空会社だと戸惑うかもしれません。
格安航空券の搭乗手続きについて見ていきましょう。

格安航空会社に予約から

メールのアイコン
格安航空会社を利用する場合、ネットからの予約となります。旅行代理店もありますが、基本的にはネットでの予約となります。
また早割などのキャンペーンを利用すると変更できなかったりするので、気をつけましょう。

予約がすむとメールなどで予約番号やQRコードが発送されてきます。
これらを使って搭乗手続きをすることとなります。
また搭乗券を自宅やオフィスで印刷することもできます。
搭乗券を出しておくと、当日も発券の手続きをしなくてもすむため、あとは荷物を預けたり、保安検査場へ行くだけとなります。

飛行場へ着いたら

飛行場へ着いたら、まずはカウンターへ行き、そこで手続きを行います。
いわゆるチェックインをすることとなります。また、自動チェックイン機を使うことでカウンターへ並ぶ手間も省けたりできます。
このときに先に受け取った予約番号やQRコードを使うこととなります。

カウンターは格安航空会社ごとにあるのが定番ですが、地方にいくと無いこともあります。
実は大手のJALやANAなどとカウンターが共有になっていたり、自動チェックイン機が共有になっていたりします。あらかじめ、行く飛行場でのカウンター状況も確認しておきましょう。

また、手荷物を預けることになりますがその場合も荷物の大きさやさらに重さがチェックされます。
もしも、規定のサイズを越えた場合には超過料金を支払うこととなります。
それから保安検査場へ行き、身体検査となります。それを通過すれば、あとは搭乗ゲートへ移動となります。

時間の制限があるので要注意

こうした各種の手続きについては、何分前までといった時間の制限があります。
カウンターや自動チェックイン機だと出発の30分前までに済ませることとなっています。自宅やオフィスでの搭乗券印刷も出発の2時間前まで、また保安検査場も15分前までに通過など、制限があります。
おおよそ似た時間ではありますが、初めてのときには勘違いしないように確認はしてから飛行場へ向かいましょう。

格安航空券で飛行機に乗るときには、カウンター、自動チェックイン機、場所、時間などを気をつけて手続きをしていきましょう。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017大手と比較すると見えてくる、格安航空券はデメリットが多い?All Rights Reserved.