格安航空券で乗る飛行機は乗り心地が悪いのか?

空と水平線

格安航空券で乗る飛行機は乗り心地が悪いのか?

飛行機に乗るとき、窓際に座りたくなりませんか。窓から街並みを見るのは楽しいものです。しかし、窓際だとといれにいく時や降りるときに時間もかかります。
通路側だと乗り降り時にどいて、人を通すこともしたりと面倒に感じたりします。

そうしたことからも座席の乗り心地にも影響します。格安航空券で乗れる飛行機は乗り心地が悪いとも言われています。本当にそうなのでしょうか。

飛行機の座席のランク

少し狭そうな椅子
飛行機の座席といってもランクがあります。よく耳にするのはビジネスクラスやエコノミーでしょう。
国内の飛行機において、格安航空会社でも実は座席のランクや種類はあります。
それによって少し値段も変わります。
あと、格安航空会社によっては高いランクの座席だとキャンセルしたときに少し補償されてお金が返ってくることもあります。

あと、乗り心地も多くの座席では前の座席との幅か狭いのですが、そうしたランクの上の座席だと少し広くなっていることもあります。
またリクライニングが使えたり、足元に荷物もおけたりもします。

格安航空会社によって乗り心地は変わる

このように同じ機体の中でも乗り心地は変わるものです。それと同様に格安航空会社によって、この座席の幅の取り方も変わってきます。

多くは、人を一回で多く運びたいので、人を積めるために座席の幅を狭くしています。
それによって、窮屈さや乗り心地が悪くなっています。大人の男性だと膝が前の座席と当たりそうということになりやすいです。
また隣の人と肩が触れそうということになります。座席によってはリクライニングもはじめから使えないなど、乗り心地がいまいちなのは、本当です。

しかし、一部の格安航空会社によっては大手のJALやANAと同じくらいの間隔をしているところもあります。
たとえば、スターフライヤーがそうなっています。特にスターフライヤーでは、乗り心地のよさもアピールして、利用者を呼び込んでいます。
またエアドゥに関しても、JALやANAと間隔が近いのでやはり乗り心地に関しては、不満は少なくなっています。
スターフライヤーは福岡を中心にした航路となっています。エアドゥは、北海道を中心にした航路となっています。これらの航路のときには、利用してみると、乗り心地も満足できるでしょう。

座席指定がオプション

後乗り心地に関連して、格安航空会社だと座席指定が追加料金となります。
複数人で乗るときには、指定しないとバラバラになります。せっかくの旅行なのにとなりますし、指定しても格安のはずがとなります。

格安航空券で乗るときには、乗り心地に関しては、期待しすぎに乗る方がいいでしょう。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017大手と比較すると見えてくる、格安航空券はデメリットが多い?All Rights Reserved.