格安航空券購入時には荷物のことも考えよう

空と水平線

格安航空券購入時には荷物のことも考えよう

飛行機に安く乗れる格安航空券を買えて満足していませんか。すっかりやることはやって、当日を待つばかりと思っているでしょう。
しかし、格安航空会社によくある失敗に荷物があります。航空チケットが安くてそれだけにつられて、何も知らないでいると損するかもしれません。

そうならないために、格安航空会社の利用前には荷物についても確認しておきましょう。

荷物の重さは制限がある

大荷物の女性
大手のJALやANAだと荷物を預けるのも無料ですし、多少大きくても追加料金はありません。
また機内にもいくつか荷物をもって入ることも可能です。これらはサービスとして行われています。

しかし格安航空券をつかって、飛行機に乗る場合、荷物の重さの制限があります。
スターフライヤーなど多くの格安航空会社では、荷物の重さの上限を越えると追加料金が発生することとなります。
ですので、帰りなどお土産などで超過することも予想されます。

まず、荷物の重さですが20キロまでは無料で預かります。しかし、それを越えるとまず、10キロまでの超過分は2,500円、11~20キロまでの超過分は3,500円、21~30キロまでの超過分は4,500円、それ以上は10キロごとにプラス1,000円ということになります。
格安航空会社によって異なりますが、おおよそこのような感じで荷物の重さの制限をかけています。

荷物の大きさにも制限がある

さらに重さだけでなく、大きさにも制限があります。手荷物であれば、縦が55センチ以内、横が25センチ以内、高さが45センチ以内となっていたりします。
あと預ける荷物も縦、横、高さの和が202センチ以内となります。これも格安航空会社ごとで異なりますが、これと似た大きさで制限をかけています。

手荷物もサイズを越えると、預かり荷物となり、カウンターにて預けないといけません。

この他の注意点は

このように大きさやサイズの制限がある、追加料金も時にはかかることが格安航空会社ならではと言えます。
あと注意すべきは貴重品や高価なもの、壊れやすいものはなるだけ手荷物にすべきです。
また、ペットや楽器などについては預かり荷物となりますが、事前にお客様窓口などで確認しておきましょう。
準備すべき書類や包装などもあるかもしれないからです。

大手のJALやANAのように何でも持っていけばいい、また手荷物にできるというわけではありません。
それによって料金もかかるので、格安航空券購入時にはホームページでチェックも一緒にしておきましょう。

Similar Posts:

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017大手と比較すると見えてくる、格安航空券はデメリットが多い?All Rights Reserved.