格安航空券ももっと安くできる

空と水平線

格安航空券ももっと安くできる

飛行機での旅行だと遠くまで行けて、より楽しめるでしょう。しかし、航空チケットって高くて、そうそう旅行できませんでした。
ところが格安航空会社の搭乗でガラッと変わりました。もっと旅行が手軽にできるようになったのです。それも格安航空券のおかげです。でももっと安くなればと思ったりしませんか。

早くから予定を決めておくこと

大手のJALやANAだと、正規料金はまだまだ高いです。
ところが早割があってそれを利用すると安くなります。
便利ではあるのですが、たとえば75日前、60日前、21日前などパターンが少ないのでタイミングを逃すと、安くすることができません。大手のJALやANAだと限定的となってしまいます。

格安航空会社も同じようにもともとの正規料金は安いのですが、早割をしています。
格安航空会社で正規料金で買わずに早割を使えるかをまずはチェックしましょう。
特に格安航空会社だと、早割のパターンも大手のものに加えて14日前、7日前、5日前、3日前、1日前などと豊富です。
でも、早いうちから予定をたてておく方がより割引率が高いです。早いに越したことはありません。

急な利用をするときには

格安航空会社であれば、3日前や1日前が使えるので、少しでも安くすることが可能です。
さらにすべての格安航空会社ではありませんが、空席を解消するために当日の3時間前まで割引をするケースもあります。
航路も空席の状況によるのでどことは決まっていません。
しかし、急な利用をするときにもチェックしてみると安くなっているかもしれません。
ぜひ1度は当日の料金を確認するといいてましょう。

最安値を知りたいときには


東京から関西国際空港、東京から中部国際空港など大都市圏の航路はほぼ格安航空会社は就航しています。
また他でも航路が重なっていることもあります。ですので、せっかく安くしたいのであれば、その航路での最安値を知りたいと思いませんか。
そんなときには、航空チケットの比較サイトを利用しましょう。こうしたサイトでは航路を入れて検索すると金額の一覧が出て、どこの航空会社が最安値がわかるようになっています。
これを利用すればより安く航空チケットを買うことができます。

格安航空券はキャンペーンで

あと安く済ませる方法としてはキャンペーンがあります。
たとえば、ダイヤ改正時やまた、季節的なものでよく行われたりします。
会員になっておくとメールなどでお知らせされるので、そのときすぐに購入しましょう。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017大手と比較すると見えてくる、格安航空券はデメリットが多い?All Rights Reserved.