大手と比較すると見えてくる、格安航空券はデメリットが多い?

空と水平線

更新情報

格安航空券にはどんなメリットとデメリットがあるの?

飛行機だと、全国各地に行けます。また鉄道よりよ早く行くことができて便利です。
しかし、これまではその航空チケットは高かったです。なかなか利用しにくいのも本音でした。
ところが今では格安航空券が登場して、これまでと違って手軽さが出てきたのです。

得することを知っておこう

計算機とお金
まず、やっぱり一番のメリットは、その安さです。大手のJALやANAでも早割をして正規料金よりも下げていたり、キャンペーンをしています。それも格安になっています。
また、格安航空会社により、大手のJALやANAより半額以下の料金で同じ航路を利用することも可能です。

格安航空会社だともともとの正規料金が安いのに、さらに早割も加わるので、ぐっとお金を下げたい人にはこちらがお得です。

また旅行代理店でも格安航空券にして販売をしています。その場合にはホテルも一緒についてくることも多く、飛行機代のうえにさらに宿泊代もさげることができます。
航空会社と共に旅行代理店のものを利用するといいでしょう。

また格安航空の登場で、航路が増えました。また時間帯も広がり、深夜便や早朝便で現地に早く入れる、遅くまでそこに居られるようななったのもお得と言えます。
それに同じ航路でも航空会社の選択肢が増えたことで、目的地にいきやすくなったというメリットもあります。

降りるまでに不満が多くなる?

格安航空会社を利用するときに、ついつい大手と比較しがちです。比較するとデメリットが見えてきます。
たとえば、安いといいながらも荷物の重さが制限を越えると、お金を払うことになるデメリットがあります。
なんか損した気分になります。
さらに座席指定をすると、余計にお金がかかるといったデメリットがあります。
座先を指定していざ乗ってみると、シートの乗り心地がイマイチでくつろげないなんてデメリットもあります。

この他にも乗るまでに、カウンターや保安検査場を探すのに時間がかかってしまい、大変なんてデメリットもあります。
そして、何かと遅延しがちであるから本当に大丈夫か心配なんて声もあります。

このように大手と比べることで、格安航空会社ならではのデメリットが見えてくるのです。

慣れてくると気にならない

こうしたデメリットも初めてのときに感じやすく、何度か利用すると気にならなくなってきます。デメリットよりもメリットに気持ちが傾くからでしょう。

ぜひ、まだという人は格安航空会社を早めに利用すべきです。早く予約するほど得しますから、そうこうするうちに格安航空会社の常連になるかもしれません。

▲PAGE TOP

Copyright(C)2017大手と比較すると見えてくる、格安航空券はデメリットが多い?All Rights Reserved.